離婚裁判と弁護士

離婚問題で弁護士が登場するのは、その離婚が両者の話し合いでうまくいかない時です。
当事者の協議で離婚成立ができない、法的な解決策を講じなければならない場合です。

法的と言っても、調停や裁判など段階があります。
離婚調停は当事者だけで対応ができることですが、どうもうまくいかないという時には、最初から弁護士立会いの元、話を進めていく方向が良いでしょう。
弁護士としても、その方がうまく依頼者の希望を叶えることができやすいです。

弁護士を必要とする離婚問題というと、夫婦の片方が頑なに離婚に応じようとしない(芸能人などで多い)、離婚の条件面で折り合いが合わない(金銭問題や子供の親権など)、不貞行為があった場合(不貞行為の相手も深く関係する場合など)です。

いずれにしても、弁護士に依頼をするだけで費用もかかり、裁判になるともっと費用はかさみますが、それでもどうしても離婚をしなければならないとか、離婚を阻止しなければならない夫婦の場合は、弁護士が腕を振るって活躍しなければならないことでしょう。

一般家庭の離婚の時にはあまり弁護士は登場しないですが、芸能人や有名人の離婚の時には、たいてい弁護士が代わりに立つことが多いです。
この場合は、マスコミ対策の一つでもありますが、内容としては金銭問題や親権など、普通の方の離婚問題と同じような事でもめていることが多いようです。
いずれにしても離婚はエネルギーとお金がかかることです。


■特別紹介サイト
企業法務というビジネスの法律業務を専門に行っている弁護士事務所のサイトです ⇒ 企業法務

Copyright © 2014 離婚と弁護士 All Rights Reserved.